本日、野沢直子さんの長女、真珠・オークライヤー選手が人気格闘技RIZINに参戦するというニュースが発表されました。

4月16日の開催される格闘技イベント「RIZIN 2017 in YOKOHAMA – SAKURA – 」でリングに上がります。RIZINの公式ホームページによるとこの日はリング上でのあいさつを行う予定で、どの大会に出場するかは未定とのことです。

今回は、現在の真珠・オークライヤーさんについて、真珠さんの過去について記載したいと思います。

お母さんは野沢直子さん、一体どのような方なのでしょうか。

スポンサードリンク

格闘家 真珠・オークライヤーさんとは

名前:真珠・オークライヤー
生年月日:1993年10月29日
身長:176cm
体重:56.7kg
出身:アメリカ合衆国
所属:スコーピオン・ファイティング・システム

身長は176cmもあり、(わたしと一緒だ!)日本人女性と比べると大柄です。それもそのはず、父親は、元ギタリスト、現看護師のボブ オークライヤーさん。野沢直子さんの身長が158cmとのことですから、アメリカ人のお父さんの血を受け継いだのでしょうね。

格闘技に関しては、6歳から空手、16歳から柔術をスタートされました。キャリアはすでに17年ですね。

総合格闘家を目指したのは、顔面にパンチを受けたのが気持ちよかったからとのこと。打たれ強いことが伺い知れます。試合では打撃戦になると面白そうです。

今日公開されたRIZINに向けての意気込みを紹介します。

「こんな私を信じてくれて、機会を与えてくれたRIZINには感謝しきれません。日本の総合格闘技がより成長する過程の一部として関われることが本当にうれしく、そして今年大勢の日本のファンの前でエキサイティングな試合を見せられる日を待ち遠しく思います。RIZINでは大きな事を達成して、ファンの皆さんと一緒に私の格闘技の道のりを歩んでいけたらと思っています。頑張ります!

エキサイティングな試合、楽しみです。打撃戦お願いします。

 

真珠さんに関する過去の情報 彼氏と駆け落ち?

 

真珠・オークライヤーさんで検索すれば、沢山の写真がヒットし、美しい容姿であることがすぐにわかります。お母さんが野沢直子さんであることに加え、美人であることも世間の話題となっている一つの要因ではないでしょうか。

そんな美人な真珠さんに関して、彼氏にまつわる記事が見つかりました。ブログにて、彼氏が自宅に住み着いているということを明かしています。初めて自宅を訪れ紹介された彼氏が帰らず、住み着いてしまったとのこと。さらにいつの間にか住所変更まで済ませ、郵便物が届くまでになっていたのだとか。その後、「もうすっかり家族」と野沢さんが認めるまでになっていました。

お母さんは面白いし、彼女は美人だし、帰る理由がなかったのでしょう。

また、野沢さんは2015年のテレビで、長女が駆け落ち中だと明かしています。やはり男性は放っておかないということですね。

 

真珠さんは辛い物が大好き。そして働き者。野沢直子さんのブログが情報の宝庫です。

 

野沢直子さんは、辛い物が苦手なんだそうですが、真珠さんは「めっちゃ、辛い物好き」なんだそうです。

袋に炎のついた見るからに辛そうなチップスが大好物だったようです。
また、疲れているときに辛いものに走るとのこと。
さらに、時々ハラペーニョも買ってきて、クリームチーズと一緒にベーグルに輪切りを挟んで食べちゃうんだそうです。

COCO壱番屋のカレーも普通のものしか食べられないわたしには、毒です。

もう一つ、人となりが垣間見える記事がありました。

18歳のころには、ベーカリーでパティシエとして働いており、このベーカリーが始めたレストランでは、マネージャーを務めていたとのことです。オーナー曰く、働き者。働き者なだけではマネージャーになれませんから、信頼される人なのでしょうね。

彼女に会いに来るお客さんなんかもきっといたのではないでしょうか。

今日公開されたRIZIN参戦に対するコメントからも日本の総合格闘技の発展を願いつつ、自身の活躍を決意する誠実な人柄が見えましたね。

 

まとめ

本記事では、RIZINへの参戦を発表した真珠・オークライヤーさんを取り上げました。是非とも日本で大活躍してお母さん以上に有名になってください。

ファンの方々は、差し入れに辛いものを持っていくと喜ばれるかもしれません。