眞子様ご婚約というニュースが5月16日、日本中を喜びにつつみました。内親王のご婚約は、秋篠宮さまの妹の黒田清子さん以来、 12年ぶりのことだということです。まことにおめでとうございます。現在お勤めの当代博物館のお話や、学生時代のお話をニュースで拝見する中、大学で専攻された「博物館学」とはどんな学問か気になりましたので、今回は「博物館学」について調べてみました。

また、国内ではどの大学で学べるか、についてもあわせて調査してみました。

スポンサードリンク

博物館学とは

博物館学を英語表記すると、MuseologyまたはMuseum Studiesとなるそうです。この学問は、博物館の運営であったり、管理といった実務的な内容から、博物館自身の建築や展示デザインについても学ぶものです。

これだけにとどまらず、博物館で行う教育や学習支援についても研究の範囲です。

さらに、博物館資料の組織化や保存修復についても研究分野に入る幅の広い学問です。

この学問は学芸員課程で学ぶことができます。

学芸員課程については、文部科学省のホームページに学芸員幼生家庭開校大学一覧がありました。少し情報が古いですが、平成25年4月時点で国内に300校あります。詳細はリンク先をご覧ください。

眞子様の修士論文

眞子様はイギリスのレスター大学大学院に留学されており、ここで博物館学を専攻され文学修士(博物館学)を取得されています。

「博物館におけるオブジェクトの解釈の可能性」と題した修士論文を提出されており、海洋生物の模型「ブラシュカグラス」を題材にして海洋生物の展示について研究されています。

ブラシュカグラスというのは、かつて植物や生物を学術的に保存することが難しかった時代に用いられたもので、極めて微細な特徴まで再現したガラス工芸で対象物を再現したものです。

取り扱いが特に難しいようで、誇りを払う作業のようなちょとしたことでも破損してしまうほどデリケートなものなのだそうです。

博物館学を学んだ後の就職先

博物館学を学んだあとの就職先ですが、専門を生かして博物館業界で経営、教育、情報など学芸職につく道があるようです。

また、大学へ残り研究を進める道もあるようですが、これは狭き門。またこれを目指すには、論文を多数発表し実績を積んでおく必要があります。

眞子様の場合は、東京大学総合研究博物館の特任研究員に就任されています。こちらは1年の任期付きの職とのこと。

大学の公募に応じ、選考をへて採用されたと報じられており、狭き門を見事突破されたということですね。

国内にとどまらず海外でも研究をなされており、幅広く高度な研究遂行能力をお持ちなのだと想像されます。

まとめ

今回は、博物館学とは何か?について調べてみました。博物館にまつわるetc.を研究対象とする幅広い学問であることがわかりましたね。

博物館学について詳細に記された文献が見つかりましたが、わたしにとっては、あまりに難解だったため、本文内での紹介をあきらめてしまいました。

詳しく博物館学について調べたい方はリンクをつけていますので確認してみてください。

また国内で学べる大学などの機関、就職先についても調べてみました。

これらのデータが少しでも博物館学を学ぼうと志される方の参考になれば幸いです。