2017年7月22日にブダペストで行われている世界水泳で、シンクロフリーコンビネーション・決勝が行われます。

フリーコンビネーションという種目は、それぞれ、一人、二人、三人で演じる、ソロ、デュエット、トリオに加え、多数で演じるチームというシンクロのすべてが詰まった種目です。

こ井村雅代コーチ率いる日本代表チームは、この種目にメダル獲得をかけて挑みます。

予選は3位通過。是非とも金メダルを獲得してもらいたいものですね。

そんな今回、コーチの井村雅代さんについて調べていきたいと思います。

井村監督と言えば「スパルタ」というイメージがあるように、厳しい指導で有名。また指導中に飛び出す叱咤も名言として人気を集めています。

本記事では、井村コーチが出版されている本や講演会に関する情報を調べます。また、井村コーチ自身の経歴や成績についても見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

井村雅代のプロフィール

それではまず、井村雅代さんのプロフィールを見ていきましょう。
  • 名前:井村雅代
  • 生年月日:1950年8月16日
  • 出身:大阪
  • 出身高校・大学:大阪府立生野高校・天理大学
  • 来歴:1974年から1981年まで大阪市内の中学校で保健体育科の教師を勤める。1975年から古巣の浜寺水連学校にてシンクロ指導者開始。1978年からは日本代表コーチに就任。1985年、井村シンクロクラブを創設。2004年アテネオリンピック後、日本代表コーチを退任し、中国代表チームの監督に就任。北京オリンピック後の2009年9月に中国代表監督を退任、その後井村シンクロクラブでの指導、日本・中国での講演活動を実施していたが、2010年には中国代表のヘッドコーチに就任、その後2013年にはイギリス代表のコーチに就任するなど、世界を股に掛けた活躍をみせる。そして2014年、日本代表のコーチに復帰。さらに、リオデジャネイロオリンピックのヘッドコーチに。

井村雅代さんが水泳を始めたのは小学校の時で、大阪府堺市にある浜寺水連学校に通われていました。

この学校は、夏休み期間中に開校している水泳学校で、紀州藩に伝わっていた日本泳法の能島流を伝承しています。

この学校では、上級になると、シンクロナイズドスイミングまで指導します。日本で初めてシンクロが実演されたのは、1950年ですが、これよりも4年も前に能島流泳法に音楽を合わせる試みをしていたという歴史を持っており、「日本のシンクロ発祥の地」とも言われている学校です。

井村雅代さんは、この学校で十分な訓練を積まれたのでしょう。中学でもシンクロ競技に取り組まれています。

長年、最前線で活躍される才能と経験は素晴らしいものがあるのでしょうね。その証拠に近年では国内外問わず、コーチ・監督として引っ張りだこ。

きっとお忙しい日々を過ごされているのでしょうね。

そういえば、シンクロ監督に関する興味深い動画があったのを思い出しました。

ロバートの秋山さんがシンクロコーチの染谷育枝に扮したものですが、ものすごいスパルタ。

シンクロとはどこの世界でも厳しいものなのでしょうか(笑)


井村雅代の旦那は?

シンクロ一筋というように思える井村雅代さんですから、プライベートが気になりますよね。

わたしもそうで、結婚されているのかどうか気になって調べてみました。

Wikipediaによれば、下のように体育科の教師と結婚されたという情報が記載されているのですが、出典が明記されておらず信ぴょう性に懸けます。

1977年、同僚であった体育科の教師と結婚。

一方、同じように結婚や夫に関して調査をした記事では、未婚であると記載されているものもあります。

井村雅代さんのシンクロに懸けたような経歴を見ていると、結婚する暇もないということで未婚ということもあり得そうですし、若いうちに同僚と結婚されたというのもあり得そうです。

個人的には、一人で世界を渡り歩くのには色々と困難なことが付きまとうと思うので、どなたかサポートをしてくれる人がいるのではないかなと思います。なので結婚されているのではないかと想像します。

スポンサードリンク

井村語録満載の本は?

井村雅代さんのコメントは、名言、金言が多く、多くの人に支持されています。

例えば、こんな言葉。

叱るときに心がけていることは「叱る絶対三点セット」を厳守することです。まず、相手の「悪いところをハッキリ指摘し」、次に「直す方法を指導する」。最後に「それでいいかどうか、直ったかどうか、OKかNGかをきちんと伝える」。叱るだけで直す方法を言わなかったら、選手は自信を無くすだけです。テレビは、私が叱っているところしか映さないですけど(笑)。

理にかなってますよね~。ズシンと来ます。

最後の一文は、わたしが持っている井村雅代さんはスパルタで怖いというイメージが井村さんの一面だけをとらえていたのかもと気付かせてくれるものでした。

でないと、結果が出たときに選手と抱き合えるような信頼関係できませんよね。

勝利の後選手と喜ぶ井村雅代さん

そんな井村雅代さん、次の本を出版されています。







「愛があるなら叱りなさい」は、上で紹介した名言に関した「叱ること」がテーマになっています。

怒るではなく叱る。この二つには明確な差があると言われますよね。相手のことを思っての行動かどうか。

相手のことを思って、伸びてもらおう、間違ってもらいたくないと考えれば、叱るべきときには叱らなければいけません。

また、潰れてほしいと思って叱るわけではありませんから、後のケアは井村雅代さんがおっしゃるように丁寧に導くようにやるべきですよね。

大変勉強になります。

井村雅代講演会情報。金額や予定は?

井村雅代さんは、心の才能を伸ばすというテーマで講演も各所で講演をなさっています。

まさにコーチングのプロですから、直接話を聞くことができるというのはとても良い機会になるでしょうから人気なのもうなずけます。

なお、講師の依頼はこちらのホームページから行うようになっています。

講演会なびのホームページ

気になる講演会料金は、場所や日程などによって変動するようで、10万円~160万円程度となっています。

詳しい情報は問い合わせのページを通じて確認してくださいね。

近々に計画されている講演会には次のものがあります。お近くの方、興味を持たれた方は参加されてはいかがでしょう。
  1. 2017/8/19 日本シンクロ界の母 『井村雅代』トークフォーラム (ハーモニーホール座間 大ホール (神奈川県)料金:3500円 )
  2. 2017/8/20 第109回四国中央ふれあい大学講座「井村雅代講演会」(四国中央市民会館 川之江会館 (愛媛県)、料金:一般1000円、高校生以下500円)
  3. 2017/8/27 トークショー(神戸国際会館こくさいホール (兵庫県)、料金:2800円)
1.についてはチケットぴあで(チケットぴあへ)、2.3.についてはローチケ(ローチケへ)でチケット発売中です。

講演会の日程も結構密に組まれているので、予定をみて驚いてしました。

井村雅代さん自身の成績をチェック

井村雅代さんはシンクロ選手としても輝かしい記録をお持ちで、日本選手権で2度優勝されています。

さらには、ミュンヘンオリンピックにも出場されました。

指導したチームが成績を残すだけじゃなく、ご本人もすごい選手だったのですね。

だからこそ、井村雅代さんの指導に説得力があるのでしょう。

まとめ

今回は、シンクロ日本代表の井村雅代コーチについて調べてきました。

井村雅代さんの経歴は、幼いころからシンクロ一筋。また、コーチとして一流なだけではなく、ご自身も一流の選手だったことがわかりましたね。

また、心に響く名言や著書、直接お話がきける講演会に関する情報についても調べました。

近々では8月に3回の講演会が企画されており、現在チケットも発売中です。

気になる方は早めにチェックをお願いしますね。