マツコ会議(4月7日放送)では

デジタルアートバトルが

取り上げられます。

 

今回はこのデジタルアートバトル

とはどんなものなのか?

 

このイベントへの参戦方法や

観戦方法など、気になる点を

チェックしていきたいと思います。

 

それでは調査開始です!

この記事読まれてます!
道端アンジェリカの使う浄化スプレーとは?通販情報やパジャマを調査 人気

スポンサードリンク

デジタルアートバトルとは?

まずは、デジタルアートバトルが

どのようなものなのかチェックして

いきましょう。

 

デジタルアートバトルとは、

20分という限られた時間の中で、

 

直前に決定されるテーマで

アートを制作し、

その出来を競う新しい競技です。

 

評価の対象となるのは、

作品ももとより、完成までの

プロセスも含まれると言いますので、

 

他のアート作品の良否の

審査とは一線を画します。



また、この勝敗には、オーディエンスの

投票も関係するという新しさを持っている

点も特徴のひとつでしょう。

(出典:LIMITS

 

なんだか新しい、斬新な

デジタルアートバトルという

この競技、

 

アメリカなどから渡ってきた

ものなのかななんて思いがち

ですが、

 

発祥はなんと日本。

2015年、大阪でスタートした

イベントなんですよ。

 

今後日本発祥の競技として

海外にもどんどん広がって

いくのかもしれませんね。

この記事を読んだ人に人気
クロスフィットができるジムはどこに?気になる料金体系も調査! 人気

デジタルアートバトルへの参戦方法をチェック!

盛り上がりを見せる

デジタルアートバトル。

 

ここではこのバトルへの

参戦方法をチェックしていきたいと

思います。

 

本記事執筆時点(2018年4月7日)、

リミッツ イースタン&

ウェスタンリーグ 2018-2019の

 

プレエントリーが行われていますので、

これを例にして調べていきます。

 

このバトルを運営している

LIMITSのホームページ内にある

イベントラウンジに、

 

予定されてるバトルの情報が

公開されており、

 

ここからエントリー申し込みを

進めて行くことになっています。

 

LIMITS内には、

アーティストのランキングが

あるのですが、

 

この上位者には優先参加権が

与えられるなどの仕組みがありますが、

プロアマ問わず参加が可能。

 

また、学生から主婦まで、

老いも若きも、幅広い属性の

方々が現在でも参戦しているという

広く開かれた大会になっています。

(出典:LIMITS

 

参加に関して、特別な費用が

かからないというのも特徴。

 

使用する機材もLIMITSが

準備するということですので

安心です。

 

また、初めての方でもも安心して

参戦できる仕組みも考えられており、

大阪、東京には、リミッツの練習施設

(LIMITS GYM)も展開されています。

 

ここでは、デジタルアートバトルを

楽しむ方法や、魅せるための

コーチングも受けられるのだそうです。

 

こんなサポートまであるので、

デジタルアートバトルが気になったと

いう方は、いろいろ悩むより、

思い切って体験してみるのが良さそう

ですよ。

スポンサードリンク

あなたへオススメ!
金子賢10キロ減のトレーニング方法や食事は?サプリ・プロテインも調査! 人気
桐生祥秀の9秒98は日本にとってデカイ!世界で何番目?時速何キロ?

デジタルアートバトルの観戦方法やチケット代を調査!

デジタルアートバトルの

見どころは、限られた時間の中で

テクニックと頭を使って

創造されるアート作品であること

は間違いないと思いますが、

 

作品が作られる過程を

しっかりと見届けられるところも

他にない見どころと言えるでしょう。

 

この見どころを余すことなく

堪能するにはやはり会場に足を

運ぶことが一番でしょう。

 

そこで、イベントを観戦するには

どうすれば良いか、この点を

調べてみました。

 

イベントを観戦するために必要と

なるのはチケット。

 

販売されているチケットは、

LIMITSのチケットページで

紹介されており、

 

ここからイープラスや

ローソンチケットなどの

販売ページへ移動し、

 

観戦したい大会、日程にあわせて

必要なチケットを購入する

形となります。

 

チケット代金は、大会や

開催場所によって異なりますが、

 

大阪あべのROCKTOWNで

開催されるリミッツ デジタル

アートバトル JAPAN FINAL

決勝大会の場合は、

全席自由で3500円。

 

渋谷ヒカリエホールで開催される

リミッツ デジタルアートバトル

ワールドグランプリ2018の場合は

 

Day1が2000円(全席自由)、

Day2が5000円(指定席)または

3000円(立見)というような

金額になっています。

 

高校生以下は無料という

ような大会もありますので、

デジタルアートの勉強中という

学生にとっては、

 

観戦しやすい上に、

良質な刺激を受ける良い機会にも

なりそうですね。

こちらの記事もいかがでしょう?
夢みたいな写真が話題!紀北町花火大会の場所や時期を調査

まとめ

今回は、マツコ会議で取り上げられる

デジタルアートバトルについて

調べてきました。

 

2015年に日本でスタートした

アートでバトルをするという

新しいこの競技。

 

これからもっと注目を

集めていきそうですね!

 

直近に開催される大会は、

4月14日、15日に開催される

リミッツ デジタルアートバトル

JAPAN FINAL 決勝大会。

 

執筆時点では、チケットも

残っていますが、

マツコ会議放送後には、

話題となり」SOLD OUT

になっていたりして。

 

もう1記事読むならコレ!
自撮りにうれしい機能満載。デジカメ(EX-ZR70)の口コミ・レビュー

この記事に登場したおすすめアイテム