2018年1月6日から営業を開始した

B.B.BASEをご存知でしょうか?

 

B.B.BASEとは、東京と房総半島を

結ぶ自転車とサイクリスト専用の

サイクルトレインです。

 

近年の房総地区における

サイクリン人気に答える形で

運行が開始されたんです。

 

サイクリングトレインというと、

ヨーロッパが思い浮かびますが、

 

このB.B.BASE、本家の

サイクルトレインを凌駕する特徴も

持っているスゴイ列車のようです。

 

どんな電車なのか気になりますよね~。

 

これから節分を迎え、だんだんと

温かい日に向かっていきますので、

サイクリングにうってつけの気候に

なっていきます。

 

そうするとますますこのB.B.BASE、

話題となるのではないでしょうか。

 

そんな今回は、B.BBASEの特徴を

チェックして行きたいと思います。

 

では早速調査開始です!

スポンサードリンク

B.B.BASEとは?最新サイクルトレイン車内の特徴をチェック!

まずは、B.B.BASEがどのような

列車なのかチェックしていきましょう。

 

B.B.BASEは実は略称。正式には、

BOSO BYCYCLE BASEといいます。

 

BASEとは、軍隊などの基地の

意味ですが、この列車は、

 

房総で思いっきりサイクリング

を楽しむための基地なんですよ。

 

ちょっと古いですが、

サンダーバードみたいな感じですね。

 



 

冒頭で紹介したように、

2018年の1月6日から運行を

開始しました。

 

運行するのは、JR東日本。

 

房総地区は、サイクリングの名所で、

ここでサイクリングを楽しむため、

 

列車に自転車を積んで東京から

房総へ向かうお客さんが増加

していたそうなんです。

 

通常、自転車を運搬しようと

すると、タイヤを外したり、

折りたたんだりして、

 

コンパクトにした上で、

輪行袋に収納して持ち運ばねば

なりません。

 

欧州の列車もこのようなスタイルが

多いそうなんですが、

 

B.B.BASEは一歩これから進み、

分解も折りたたむこともせずに

列車内に愛車を持ち込むことが

できるというのです。

 

B.B.BASEに使われている車両は、

209系という車両の2220番台。

 

6両編成で運行されています。

 

この209系の車両は、

2017年2月に一旦役目を終え、

 

南部線での運行を終了したあと、

B.B.BASEとなるために、

大宮総合車両センターで改造

されたものなんです。

 

B.B.BASEになる前の209系の

姿はこちら!


 

通勤電車として活躍してきた

209系ハナ53は、この改造に

よって、座席が99席配置され、

 

この数と同じだけの99台

の自転車が搭載できる

ように生まれ変わりました。

 

そのB.B.BASEとして生まれ

変わった姿がこちらです!

 


一緒にB.B.BASAに乗り込んだ

愛車は、この写真にあるように、

座席の後ろのサイクルラックに、

立てるように格納します。

 



 

自席の直ぐ側に愛車が置いて

おけますので、安心ですし、

 

愛車そのままの姿で

待機させておけますので、

 

B.B.BASE内でもすでに

サイクリングが始まっている

気分になれますよね!

 

しかし新しく生まれ変わった

B.B.BASE、白い車体がかっこいい

ですよね~。

 

現在発売中の鉄道ファン

2018年3月号ではバッチリ

表紙を飾っていますよ。

いやぁ、凛々しいお姿!

 

その他、車内の特徴ですが、

4号車はフリースペースと

なっており、

 

乗り合わせたサイクリスト

の方とサイクリング情報を

交換したりできますし、

 

ロングシートやパイプベンチ

も設置してあり、

加えて大型のトイレや洗面

スペースもあり、

 

リラックスして目的地へ

向かうことができるように

工夫されていますよ。

 

これもサイクリングトレイン

B.B.BASEの嬉しい特徴です。

 

B.B.BASEの座席表!

B.B.BASEの運行区間や停車駅を調査!

次はB.B.BASEが運行されている

運行区間や停車駅について

みていきましょう。

 

B.B.BASEの運行スケジュールを

チェックしていくと、

普通の列車と異なっており、

 

週末土日のみの運行と

なっていることがわかりました。

 

また、B.B.BASEには、

内房コース、外房コース、

佐原コース、銚子コースの

4つのコースが準備されており、

 

毎週土日にいずれかの

コースの運行をすることに

なっているようです。

 

2018年3月までのスケジュールは

次の通りで、週替りメニュー。

 

1月と2月は内房、外房、

銚子、佐原の順で運行されて

いますが、

 

3月には順番が少し変わるようで

すね。


運行区間は、それぞれの

コースによって変わります。

 

共通するのは、往路が両国発で

復路が両国着という点。

 

内房コースの場合は、館山と和田浦

に停車。

 

外房コースは、勝浦。

佐原コースは佐原、

銚子コースは松尾、干潟、銚子

に停車します。

 

これ以外の駅には

停車しないことになって

いますので注意が必要。

 

また復路は、コースによって

異なりますが、

館山、勝浦、佐原、銚子の

いずれかの駅からB.B.BASEに

乗車し、両国へ向かうことに

なります。

 

往路の両国発は7時39分または

8時12分と比較的早い時間に

設定されており、

 

外房コース、佐原コースが

10時前に、

 

内房コース、銚子コースが

11時前に終着駅に到着。

 

午前中からサイクリングに

移れるように計画されています。

 

また、復路は、銚子が16:58発、

館山17:10発、佐原17:32発、

勝浦17:43分発に設定されていて、

両国に19:30あたりに到着できる

ようになっています。

 

列車の出発が遅めに設定されて

いますので、思う存分

サイクリングを楽しんで帰る

ことができるようですね。

スポンサードリンク

B.B.BASEの予約方法や利用料金は?

上で紹介したように、B.B.BASEには

4つのコースが準備されていて、

 

それぞれ別々に予約を行うように

なっています。各コースごとに、

プラン一覧へのリンクを貼って

います。

 

予約はリンク先のえきねっとから

お願いします。

 

内房コース

内房コースには、

日帰りコース、1泊2日コースが

準備されています。

 

JRの運賃とお泊りの場合は

宿泊代がセットになった

パックが充実。

 

この記事を書いている1月末

時点では、日帰りプランで、

館山エリアで使用できる

1000円分のクーポン券付き

8500円のコースがありました。

 

出発日や利用するホテル等で

料金が異なるようですので、

 

詳しくは、下のリンク先の

ツアー情報を確認して見てくださいね。

B.B.BASE内房コース プラン一覧

 

こちらのコースを利用される方には、

コース上の各所で名物をお値打ち

価格で購入できる特典もついてきます。

 

サイクリング中に嬉しい、空気入れ

の利用や、修理道具の利用なんかも

できるようになっていますよ。

 

購入者特典へ

外房コース

外房コースも内房コースと同じ

ように、日帰り(8400円)から、

1泊2日のコースまでが

準備されています。

外房コースプラン一覧へ

 

また、同様にう入れしい購入特典も

準備されています!

外房コース購入者特典へ

 

佐原コース

佐原コースは日帰り

プランが準備されています。

料金はお一人様6500円。

 

この中には、お買い物に

利用できるクーポン券

1000円分がついています。

 

また、佐原のスイーツ、甘酒、

手ぬぐい、観光マップが

ついてきます。

 

サイクリングで疲れた体に

スイーツや甘酒は染み渡りそう

ですね。

嬉しいサービスです。

 

佐原コースプラン一覧へ

佐原コース購入者特典へ

 

銚子コース

銚子コースには、

日帰りプランと1泊2日の

プランが準備されています。

 

日帰りの最安プランで

7100円。

お買い物券1000円と

銚子サイダー、銚子ポートタワー

への入場券付きのオトクな

プランになっていますね。

 

銚子コースプラン一覧へ

銚子コース購入者特典へ

まとめ

今回は1月6日から運行が

スタートしたサイクリングトレイン

B.B.BASEについて調べてきました。

 

人気の房総地区でしっかりと

サイクリングが楽しめるように

随所に工夫が施された列車に

なっていましたね。

 

また運行ダイヤや、旅行プラン

などもサイクリングをより充実した

ものにしてくれるものでした。

 

きっとこれから多くの方が、

B.B.BASEを利用して房総地区での

サイクリングを楽しまれるのでは

ないかなと思います。

 

今回B.B.BASEについて調べて

行くうちに、

 

房総地区のサイクリングコースや

見どころなんかにも興味が湧いて

きました。

 

次回はこういった点を調べて

みたいと思います。