先ほど、フィギアスケートの浅田真央選手のブログ、真央ブログ | 浅田 真央オフィシャルウェブサイトにて、現役引退の報告がありました。ただいま、上記ブログ、アクセスが集中しているのでしょう。アクセスが困難な状況です

スポンサードリンク

まずは全文をどうぞ

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からえや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」

浅田真央選手を振り返る

ご存知でしょうが、プロフィール、経歴です。

浅田 真央(あさだ まお)1990年9月25日生まれ。

日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。姉はフィギュアスケート選手・スポーツキャスターの浅田舞さん。愛知県名古屋市に生まれ、中京大学附属中京高等学校卒業の後に、中京大学体育学部へ進学されています。血液型はB型。名前の真央は、父親が女優の大地真央のファンであったことに由来します。スケートのジャンプには、アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループと6種ありますが、このすべての3回転ジャンプを跳ぶことができます。中でもアクセルは、他の5種類のジャンプに比べ0.5回転分回転数が多いため、最も難易度が高いものです。

経歴:
  • 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト
  • 2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させた
  • 2014年ソチオリンピック日本代表(6位)。
  • 2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。
  • グランプリファイナル優勝4回。

引退の報に触れて

「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。」このコメントを読み、苦しみもがいての決断だったのだろうと心が痛くなりました。

厳しい世界でこれまで何度も結果を出し、何度も日本中に勇気と元気を与えてくださり、本当にありがとうございました。

お疲れ様でしたと言わせてください。

これから先も、浅田選手にしかできないことがたくさんあると思います。次の活躍にも期待して筆をおきます。