セブンルール(2017年5月30日放送)に出演の臨床心理士山名裕子さんは美しすぎる臨床心理士として話題の人です。心理学資格の中で最難関と言われている臨床心理士の資格を取得し、「やまな mental care office」でカウンセリングなどを行っておられる傍ら、その美貌も生かしてメディア出演なども行われています。

むかしは、ScawaiiやCLASSYといった雑誌で読者モデルもしていたそうですよ。

そんな活動の中心理学に関する多くの本の出版されています。

この中から今回、一瞬で「できる男」と思わせる心理学を取りあげ、できる男と思われる秘訣を探りたいとおもいます。

関連記事
↓↓↓セブンルール出演者のこちらの記事もどうぞ↓↓↓
アリス紗良オットがかわいい!素顔や家族、公演情報を調査
アリス=紗良オットさんというピアニストをご存知ですか。セブンルール(5月23日)に出演。2014年に「笑ってコラえて!」にも出演したことのある、美人ピアニ...

スポンサードリンク

山名裕子さんからの解説

山名裕子さんのオフィシャルブログに2016年1月にこの本が出版されたのにあわせて、解説がされていました。

一瞬で「できる男」と思わせる心理術

これによると、心理学用語に「確証バイアス」というものがあって、人は一度思い込んでしまうと、この内容を支持したり、強化したりするための情報を集めるようになるのだそうです。

そうなのだとしたら、初対面の人にあった時、もし悪い印象を持たれてしまったら、その相手の人は自分から悪い部分を探し続けてしまうことになります。

すごく悪い印象を持たれてしまった状態を挽回するのには、大変な労力が必要になってしまいますね。もしかしらた挽回できないのかもしれません。

逆に、いい印象を持ってもらえたら、何もしなくても勝手にいい流れができ、その後の対人関係の苦労が減ります。

絶対に後者の方が得ですよね?

この本には、この応用として「できそう」と思わせるためのテクニックや、「できる人」の共通点がかかれています。

清潔感が大事

清潔感が欠けていると、当然ながら相手に悪い印象を与えてしまいますよね。

悪い印象を与えてしまうと、「確証バイアス」のせいで、悪循環に陥りがちです。

だれでも気を付ければ改善できる「清潔感」を保つこと。これは実践したいところです。

なお、清潔感を持っていると、これは好印象を与えるだけではなく、「この人ちゃんとしてるな」という安心感も同時に与えることができるので一石二鳥なのだそうです。

できる男の共通点

できる男の共通点としてあげられるのは、自信にあるれているという点なのだそうです。

ただし、すぐに自信にあふれた人にはなれません。

だとしたらどうしたらいいか、これを解決する心理テクニックがこの本に書かれています。

自信が身につくとそこから余裕が生まれます。そしてこの余裕が「できる男」だと思わせるオーラを醸し出すのだそうです。

また、余裕があれば、相手に安心感が生まれ、やがて信頼感も生まれてきます。この信頼感を抱いてもらえれば仕事がさらにうまくいく、そしてさらに「できる男」にという好循環ができます。

こうなれたらもシメたものです!
スポンサードリンク

言葉遣いや会話術も「できる男」に必須

自信を持つことのほか、この一瞬で「できる男」と思わせる心理学には、印象操作術、会話術、言葉遣い、気遣い、またメール術についても総ページ数191ページを割いて詳しく解説されています。

また、男ならだれでも気になるモテ術についてまで解説。

女性が抱く「ヒロイン願望」をくすぐる、「女性は不安に耐えられない生き物だ」ということを理解することなど、とても参考になることが書かれています。

女性にもおすすめの本

この一瞬で「できる男」と思わせる心理学は、男性に限らず女性にももちろんおすすめです。

なぜなら、第一印象がよければ、その後の関係が円滑に進みやすい、ということなど、性別関係ありませんよね。

また、どうしたら「できる男」に見えるのかを知っていたら、パートナーの方を「できる男」にすることだってできてしまいますよ。

まとめ

山名裕子さんのブログに印象的な一文がありました。

第一印象を変えるチャンスは2度と訪れない

というものです。

文字通り、第一印象超重要ということですね。あわせて最高の第一印象を持ってもらうには事前に良い印象を持ってもらえる準備が整っていないといけないという事も言っているのだと思います。

また、できる男には自信が大事。自信を持つために「すべきこと」に取り組んでおかなければならないということ、大変勉強になりました。

今回は要点のみざっと説明したかたちとなっていますので、詳しく知りたい方は是非、「できる男」と思わせる心理学をお求めください。