4月15日に行われた、卓球アジア選手権にて、平野美宇(エリートアカデミー)が快挙を成し遂げました。世界ランク5位の中国 陳夢選手を3-0のストレートで下し、見事初優勝を飾りました。

中国チームの監督コー・リンヒィさんは、次のように完敗を認めるコメントを出しました。

「平野は試合を支配した。彼女のテクニックは我々よりも先進的だ」

世界の卓球をけん引する中国の監督の発言ですので非常に重たいもので、平野選手にとっての最大級の賛辞と受け取れます。

今回は平野美宇さんの快挙を掘り下げつつ、強さの秘密を調べてみたいと思います。

▼▼関連記事▼▼
張本智和の強さを支える練習法、エース水谷を破る秘密を調査
卓球日本代表に史上最年少で選出されている張本智和選手が、現在ドイツのデュッセルドルフで行われている卓球世界選手権で快挙です。男子シングルス2回戦で、リオオリンピック銅メダルの水谷隼選手を下し3回戦に進出しました。この快挙を国際卓球連盟は、「衝撃的な...

スポンサードリンク

卓球アジア選手権の成績

平野選手は、決勝にいたるまで、競合を次々と撃破。準々決勝では、世界ランキング1位の中国 寧丁選手をフルセットの末下し、見事準決勝進出。準決勝では、順当に勝ち上がる世界ランキング2位の朱雨玲選手をストレートで下し、決勝へ勝ち上ります。

決勝に至るまでに、最難関となる2選手を次々と撃破。実力が世界ランキング上位選手に引けを取らないこと、今大会乗りに乗っていたことがわかります。

しかも今大会、中国の無錫開催です。当然ながら平野選手にとってはアウェイ。不利な環境での勝利ですから、実力十分であることを証明しています。

平野選手のこれまで

平野選手といえば、これまで、日本選手権で日本のエース石川佳純選手を破り優勝したり、オリンピックや世界選手権と同格と位置付けられるワールドカップで優勝を飾るなど、華々しい成績を残す日本のトップ選手です。

一方、リオオリンピックではリザーバーに甘んじ、同世代の伊藤美誠選手の活躍を見せつけられるという苦い経験も積んでいます。
スポンサードリンク

強さの秘密

既報の情報を総合すると、快進撃の原動力は、大きく2つあるのではないかと考えます。一つ目は多くの記事で取り上げられている母親の教育による厚みのある人間としての成長。二つ目はご自身の持つハングリー精神。これら二つがかみ合わさり、今回の快挙につながったのでしょう。

母親の掲げた人間的な成長を促す教育により、真っすぐ謙虚な人格が形成され、リオオリンピックの代表選考に漏れ、リザーバーとなったところでも、腐らず、選手に帯同し最高レベルの卓球に触れ刺激を受けたと想像できます。

そんな中、自身の卓球のプレースタイルを守備的から攻撃的に変える決断をする強さ。加えて、中国スーパーリーグという厳しい環境に身を置き、鍛錬を積む熱心さ。

より強くなるために何をすべきか、これがはっきりとイメージできていたのでしょう。そして、そこに向けて最短距離で突き進む行動力を持ち合わせる。これが彼女の強さの秘密だと思います。

少し前のコメントでは、中国人に勝ちたいという、少し配慮に欠けたコメントをしていた彼女ですが、今回は、中国選手に勝てるとは思ってなかったとコメントしています。これは、人間的な成長も遂げていることが垣間見れる変化だと感じました。

まとめ

今回は、平野美宇選手の快挙といううれしい報道を取り上げ、彼女の強さの原動力について考えてみました。

このあと、5月には世界選手権が開幕します。「世界選手権のタイトルに向けて頑張りたい」と力強く宣言してくれた彼女に注目せずにはいられませんね。

今回の優勝で、一層中国選手をはじめとする選手からのマークが強くなることでしょう。

しかし、持ち前の強い心、強くなるために突き進む強さを発揮して、次のタイトルも見事奪取することを期待しています。

頑張れ平野選手!
▼▼関連記事▼▼
張本智和の強さを支える練習法、エース水谷を破る秘密を調査
卓球日本代表に史上最年少で選出されている張本智和選手が、現在ドイツのデュッセルドルフで行われている卓球世界選手権で快挙です。男子シングルス2回戦で、リオオリンピック銅メダルの水谷隼選手を下し3回戦に進出しました。この快挙を国際卓球連盟は、「衝撃的な...