東京の絶滅危惧種!?

TOKIO・山口達也さんが東京都で絶滅危惧種(稀少生物)を発見したという報が入ってきました。

詳細は明日1/22日に放送される日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!2時間SP』(毎週日曜 後7:00)で放送される模様です。

今回、城島リーダーとともに多摩川上流で、アユの生態調査へ向かった山口さんが見つけたのは、2015年9月以来2度目となるヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚『スナヤツメ』(東京都:絶滅危惧種I類、環境省:絶滅危惧II類)とのこと。

しかも前回と違ってさらに珍しい姿となる、パッチリ目が開いている状態での発見となったようです。

スポンサードリンク

スナヤツメとは

水が澄み、流れの緩やかな清流でしか生きられないスナヤツメは“目が8つある”ように見えるのが名前の由来。宮崎県、鹿児島県を除く九州以北に生息する淡水魚です。実際には目は2つ(その他の目のようなものは“エラ穴”)。しかも一生のうち、ほとんどは目は開かない状態で過ごし、成魚になった産卵前のわずかな期間のみ開くと言われています。スナヤツメは産卵後に死んでしまうため、目が開いた姿は専門家でも見たことが無い程珍しいとのことです。

目だけではなく、顎、口にも特徴があります。研究者によっては原始的な魚の特徴を持った生き物という見解、厳密には魚ではないとする見解もあり、無顎類と分類され進化研究でたびたび重要視されてきたすごいヤツ。

このスナヤツメ、実に奇怪な口をしています。吸盤のような口です。

スナヤツメは、幼生の時は川底で微生物や有機物を餌にしますが、成長すると途端に何も食べなくなるそうです。スナヤツメの口の歯は他のヤツメウナギに比べてかなり退化している様です。なお、幼生時と成体は全く姿が異なります。アンモシーテス幼生時は、目も口も発達していない状態のため姿はさながらミミズ。成体よりも魚離れしています。

スナヤツメが絶滅に瀕しているのは、、、

スナヤツメが住む川の近くは従来の形から、護岸工事などにより姿を変えていきました。前述のように綺麗な水を好みます。彼らの住みやすい環境が減っていってしまいました。

わたしたち人間が豊かさを求め、恩恵を受けた半面、彼らのように弱い生物にしわを寄せてしまったのですね。

スナヤツメ発見の状況

昨秋に敢行されたロケで城島・山口、木村氏一行が川岸に石の囲いをつくり、そこにアユが追い込まれていないか川に浸かりながら探していると「なんだこれ?石に変なのが食いついている!」山口さんが叫びました。

小石についていた長さ10センチほどの細長い生き物がスナヤツメ。例の吸盤のような口でしがみついていたのですね。

これを見て木村氏はじめ同行していた川の専門家たちも騒然となったそうです。

山口さんは、トウキョウサンショウウオ(東京都 絶滅危惧種1類)や世界的に発見事例が少ない幻の深海魚・ミツクリザメともかつて遭遇。そして希少な多摩川のスナヤツメに2回も遭遇。それもカメラの前で。

持ってますね~。アイドルにしておくのは実にもったいない。

ど素人のわたしですらこう思うのですから、同行した専門家も山口さんのもつ才能をうらやましく思ったのではないでしょうか。

放送は1/22日 後7:00ですよ!

スナヤツメを発見し、騒然となっているところ、喜んでいるところを早くテレビで見てみたいものです。また、番組を通じて、自然保護の大切さをもう一度考えてみたいと思います。

あ、裏で直虎ありますね。。。明日は忙しいですよ!