お寺婚活が人気だという記事に目が留まりました。
結婚を考える男女が殺到しているのだそうです。
今回はお寺婚活の人気の秘密を調べてみます。

▼▼▼こちらの記事もどうぞ▼▼▼

婚活リップの効果的な使い方は?女子力アップの購入者に学ぶ
婚活リップとは、使うと彼氏ができたり、プロポーズされるといった驚きの効果が噂されるの口紅。ネットで噂が広がり、雑誌などのメディアが取り上げたことも...


スポンサードリンク

お寺婚活とは

お寺婚活とは、お寺が催す婚活イベントを使い婚活をすることです。お坊さんと結婚したいという女性が集まるわけではないですよ。

あくまでお寺が出会いの機会を提供するという形です。

婚活といえば、企業や、その他の団体がパーティーを企画し、これに申し込んで参加するというものや、サービスに登録し、プロフィール等から気になる相手を探し、メッセージのやり取りを行った後連絡先を交換して実際に会うといったものがあります。

また、医者や自衛官など、特定の職業に就く人との出会いに特化するなど特定の職種の人と出会うものもありますね。

お寺婚活の形態はパーティー型のサービスに近いようです。

お寺婚活の特徴

なんといっても特徴的なのは、イベントをお寺が企画するという点。

お寺と聞くと、お葬式や法事をイメージしてしまい、なんだか近寄りがたい印象があると思いますが、お寺とは、元来、大小さまざまな悩みや不安を抱え、何かにすがりながら生きているわたしたちの心の支えとなる場。

教義に基づいてわたしたちを導いてくれるところなのです。

そんなお寺が、「出会いがない」、「出会いにお金がかかる」という問題解決にひと肌脱いだというものです。

このため、イベントは営利目的ではなくボランティアで行われるものが多く、お寺婚活にかかる費用は安価に設定されています。

臨済宗妙心寺派のお寺婚活

人気の高いお寺婚活に、臨済宗妙心寺派のお寺が企画しているものがあります。

臨済宗と言えば、禅宗で座禅が真っ先に頭に浮かんでしまいましたが、こんな特徴をもった宗派です。

教典や教えに依存せず相手の心に直接働きかけ、その本質を悟らせる。あらゆる生命と共存していることに感謝するため、色々な仏様や神様を祀る。すべてのものに仏性を見て礼拝する。1700余りの祖師の言葉を体得することが悟りの基本。そして日常の中に真理を具体的なモノとしていくことが求められる。坐禅の座り方は対面形式で行う。教典は特に定めない。本尊も定めなし。普通お釈迦様が多い。http://tobifudo.jp/newmon/etc/shuha.htmlより

御本尊が定められていなかったんだ!と改めて気づき、自分の不勉強を確認できました。妙心寺派とは京都の妙心寺が本山の宗派です。

今回取り上げる臨済宗妙心寺派、歴史のある格式の高い宗派ですね。ここが運営しているという点も安心感を生んでいる一因でしょう。

事務局長さんの話では、本山や檀家さんに避難されるのではと心配したそうですが、お叱りなどは一度もなく、むしろ応援されたのだそうです。

人々の不安に寄り添う、本山の見事な対応。鎌倉時代から続いているのは伊達ではありません。

お寺婚活を運営するのはこの中の「吉縁会」。静岡に本部があり、東京、名古屋、岐阜、大分に支部があって、それぞれの場所で年間4~5回の婚活イベントが開催されているそうです。

この回に参加するためにはまず会員登録をする必要があるのですが、2015年夏に東京で行われた登録会には男女合わせて1000人を超える人が殺到したとのこと。2時間待ちだったそうです。

参加資格は25才から49才(会員登録は45才まで)男女

「人と出会って結婚するためにこんなに莫大なお金がかかるのは不自然。お寺で費用のかからない縁結びができないか」というアイデアのもと、2010年に発足しました。これが結婚を望む人のニーズとうまくマッチしたのでしょう。会員数は増加の一途をたどっています。現在の会員数は約9000人なんだとか。

このため、入会申請は当然必要ですが、入会費、年会費、成婚料はありません。必要なのはイベントの参加費(=経費)のみという圧倒的な低コストが特徴です。

スポンサードリンク


 

吉縁会お寺コン開催実績

H28 年度の開催実績をみてみましょう。
回次開催日場所参加者数地区
第24回2/14平田寺・晋光寺200名静岡西
第25回2/28龍泉寺・長蔵寺200名名古屋岐阜
第26回2/27宋雲院120名東京
第27回3/26是照院120名東京
第28回4/30龍泉寺・宝積寺200名名古屋岐阜
第29回5/22龍興寺60名東京
第30回5/28智光院128名東京
第31回6/4東京中央区産業会館400名東京
第32回5/28西福寺・龍雲寺400名静岡西
第33回9/11方広寺240名静岡西
第34回9/19龍昌寺・大仙寺200名名古屋岐阜
第35回10/8天龍院・興禅寺240名東京
第36回11/6長勝寺100名
第37回10/30龍昌寺120名名古屋岐阜
第38回12/4龍谷寺・長永寺300名静岡西
第39回12/10正傳寺100名名古屋岐阜
第40回12/11見星寺120名大分
上記のように年間17回のイベントが開催され、合計3248名の参加がありました。

H27 年の開催実績は、総参加者1320名だったようなので、H28 年は倍以上の方がイベントに参加されたということになります。人気の高さがわかります。

また、ひとつのお寺がイベントを行うのではなく、吉縁会に属するお寺が協力して実施されているイベントであることがわかりますね。

吉縁会の婚活イベントの流れと事前準備

その回ごとに、お説法があったり、お寺の見学があったり、写経があったりと様々なようですが、体験型のイベントを行いながら、参加者と会話をしていくという流れのようです。その後、男性部屋に置かれた女性の封筒、女性部屋に置かれた男性の封筒から、気に入った人の封筒を選び、自分の名前とメールアドレスを記載した申請カードを入れるというイベントが行われます。

イベント終了後は、自分の封筒を持ち帰るわけですが、ここにお目当ての人のカードがなくとも、相手の封筒に自分のカードを入れておけば連絡がくるかもしれない!という期待が持てる点が、その場でカップリングを行うものと違う点ですね。

このイベントのため、事前の準備として、名前とメールアドレスを記載した名刺サイズの「申請カード」、これを入れる「申請封筒」の準備が必要です。

吉縁会婚活イベント参加の心得

また、イベントの前には、お寺から「心得」を書いたメールが来るそうです。ここには、「遅刻・欠席をしないこと」、「男性は清潔感のある格好をしてくること」等記載があるようです。

人間として当たり前のことは当たり前にする、この先に出合いがあるということを説いてあるのでしょう。

そして、どの回でも大事にされていると思われるのは、「相手のいいところを見つめる」こと。これは、当たり前のことができておらずマイナスの印象をもってしまってからやれといわれても難しいですよね。

ここで損をしないように、イベント前から諭してくださっています。

なんともありがたいことです。

吉縁会婚活イベントの驚きの成婚数

吉縁会のホームページによれば、成婚数は 120組。成婚報告の義務はないとのことで、実際はこの数より多くのカップルが結婚に至っているということでしょう。

前述のように、イベント参加者が急増しているので、成婚数はもっと増えるだろうと見込まれています。

単なる出会いの場ではなく、自分の在り方を見つめた上で参加し、相手のいいところを見つめ、その上で交際が始まるという型がいいのでしょう。

まとめ

今回はお寺婚活についてとりあげました。

人気の秘密がわかりましたね。単に出会う場ではなく、自分を見つめなおし自分を磨く機会にもなっているようです。

お寺婚活にご興味のあるかたは吉縁会のホームページをご覧ください。申請方法など詳細がわかります。

吉縁会ホームページ

▼▼▼こちらの記事もどうぞ▼▼▼
婚活リップの効果的な使い方は?女子力アップの購入者に学ぶ
婚活リップとは、使うと彼氏ができたり、プロポーズされるといった驚きの効果が噂されるの口紅。ネットで噂が広がり、雑誌などのメディアが取り上げたことも...