9月11日、興味深い記事を

見つけました。

 

題して、「億万長者のジェフ・ベゾスは

図書館に資金を投じたらどうだろう。」

 

莫大な資金を図書館のために

使うことの有効性や、

意義をジェフ・ベゾスに提案

するというもの。

 

かつてカーネギーが、

図書館のために私財を投入し、

図書館を自身の慈善活動の中心

としたことにより、数え切れない

ほどの人々の暮らしを変えましたが、

これを例にとり、

図書館に対しての慈善活動こそ

お金のより良い使いみちだと

説く記事でした。

 

この記事を読んで、

なるほど、一理あると

感心したわけですが、

 

それと同時に、

こんなおせっかいな提案をされる

ジェフ・ベゾスとはどんな人

なんだろうと興味がわいてきました。

 

わたしがジェフ・ベゾスについて

知っているのはAmazonの創始者

であることくらいだったので。。。

 

 

ということで、今回は

ジェフ・ベゾスについて調べて

いきたいと思います。


スポンサードリンク

ジェフ・ベゾスのプロフィール

では早速ジェフ・ベゾスについて

調べていきましょう。


 

まずはプロフィールを確認

しておきましょう。


 

名前:ジェフリー・プレストン・ベゾス

誕生日:1964年1月12日

年齢:53歳

国籍:アメリカ

出身:アメリカ合衆国 ニューメキシコ州

アルバカーキ

出身校:プリンストン大学(科学工学士)

職業:起業家、Amazon.com共同創業者兼CEO

身長:172cm

                    (出典:wikipedia

ジェフ・ベゾスは、アメリカの

ニューメキシコ州

アルバカーキの出身。


 

アルバカーキは、ニューメキシコ州の

中央部に位置する、ニューメキシコ州

最大の商工業都市です。




生年月日は1964年1月12日。

現在53歳ですね。


 

産まれてすぐ、両親が離婚。

出生名は、

ジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン

ですが、5歳の時の母親の再婚によって

新しいお父さんの性を名乗り、現在の

名前になっています。


 

母親が離婚後、一緒にヒューストンに

移り住んだためジェフ・ベゾスは、

母親の先祖が得た牧場で青年期の

大半を過ごしたそうです。


 

幼い頃から、科学に関心がある少年

だったようで、物理学を専攻するため

プリンストン大学に入学。


 

一方、高校時代にコンピュータにも

興味をもったことから、

大学では、計算機科学と電気工学を

専攻することに変えて、これら両方で

学士号を取られています。


 

なお、プリンストン大学は、

アイビー・リーグに数えられる大学で、

2名の大統領やノーベル賞などの受賞者を

多数輩出する名門中の名門です。


 

さらにこの大学、アメリカ全土で

8番目に古いことも有名なんだそうです!


 

そんな名門大学を卒業した

ジェフ・ベゾスは、まず、

金融機関のIT部門で

トレーディングシステム構築の

仕事につきます。


 

その後しばらくして、

ヘッジファンドに移籍。

ここでも彼は優秀な働きをみせ、

シニア・バイス・プレジデント

に昇格しました。


 

しかし、ジェフ・ベゾスは、

1994年、インターネットの利用率が

増加しているということに気づき、

あっさりとヘッジファンドを退社。


 

今では当たり前になっている

e-コマース事業が将来的に

大きなビジネスとなることを

予見して退社したのでした。


 

退社してからの動きも早く、

1994年のうちに、Amazonの前身となる

Cadabra.comというインターネット書店を

開業。


 

さらに翌1995年には、

今ではおなじみのAmazon.comとして

正式に業務をスタートさせました。


 

その後の彼の事業は

インターネットの世界だけには

とどまらず、2000年に

民間宇宙開発企業ブルーオリジン

を設立。


 

また個人的投資会社のBezos Expeditionsも

設立し、様々な企業に出資も行っています。


 

そして2013年には

ワシントン・ポストを買収。

このニュースは、

世間を賑わせましたね。


 

さて、ジェフ・ベゾス

について調べていると

ユダヤ人という単語が出て来る

ことに気づきました。


 

これは大成功を収めた富豪に

ユダヤ人の方がおられるため、

ジェフ・ベゾスもユダヤ人?

と思われての結果のようです。


 

調べてみますと、

母親の

ジャッキー・ギーゼ・ベゾス、

実父の

テッド・ヨルゲンセンとも

ユダヤ人だというデータは

見当たりません。


 

また、ジェフ・ベゾス自身、

無宗教ということですので、

ユダヤ人というのは、

ちょっと違うようですね。

ジェフ・ベゾスの年収をチェック!

e-コマース事業で大成功を収めた

ジェフ・ベゾスですが、

1997年のAmazon.comの株式公開

によってインターネット・バブルの

成功者の1人となり、1999年には

タイムズ紙が選ぶ

パーソン・オブ・ザ・イヤーに

選ばれています。


 

さぞかしお金をお持ちなんだろう

ということは容易に想像できますが、

いったい額面にするとどのくらいなのか?

この点調べてみました。


 

調べてみてわかったことは、

純資産、8兆4251億円!


 

桁がすごすぎて、へぇ~そうですか~

としかいえませんでしたが、

なんとこれは世界の長者番付の

2位にあたる資産額でした!


 

次は、見方をかえて、年収という形でどれだけ

のお金持ちかみてみましょうか。


 

なんと年収は、

939万円。


 

え?それだけ?


 

という額ですが、Amazonからもらう

給料はこの程度。


 

Amazonの株を大量に持つ

ジェフ・ベゾスはAmazonが

成長すればする程、

資産は増加。

これで問題無いわけです。


スポンサードリンク

ジェフ・ベゾスの性格は?

BLOGOSというサイトに、

ジェフ・ベゾスの性格に

関する記事があります。


 

この記事は、ジェフ・ベゾスの

半生が記された本の内容を

紹介したものです。


 

これによると、ジェフ・ベゾスは、

小学生の頃から、ドライな超秀才

だったそうで、先生を能力順に

ランク付けしたという逸話を

持っています。


 

これはジェフ・ベゾスが

情緒よりも理論に傾いていたこと

を示すエピソードと言われています。


 

人の気持ちを察するというような

ことは、彼の中では1番ではなく、

2番目や3番目なんでしょうね。


 

また、社員やライバルには厳しい

性格だと書かれており、

業務実態が気に入らない部署の担当

重役を吊し上げたり、

職場環境の改善について質問した

社員に、全てを仕事に投入できない

ならばこの職場は向いていないと答えた

というエピソードも紹介されています。


 

厳しいという言葉でくくれば確かに

そうなのだろうと思いますが、

より多く、より正確な仕事をすることが

大一優先だという考えが強い方なんだろう

と感じます。


 

休みも週末も関係なく思いつけば

会議を開くという逸話も、このことを

示すものではないでしょうか。


 

経営者となった今、

頭の中は、今の仕事、これから

やりたい仕事でいっぱいで、

いくら時間があっても足りないと

感じているのでしょう。


 

一緒に働くとなると、ちょっと

大変そうですね。


                   (出典:BLOGOS


ジェフ・ベゾスの本には何がある?

著名な経営者ですので、

多くの著作がありそうだ!

と思い、ジェフ・ベゾスが書いた本を

調べてみたところ、意外や意外。


 

一人で書いた本はなく、

出版されているのは、

共著の一冊だけ。


 

本屋でいくつかみたような?

と錯覚していましたが、

多くは、他の人が

ジェフ・ベゾスについて

書いたものでした。


 

ここでは、ジェフ・ベゾスが

共著者になっている、

「巨大な夢をかなえる方法

世界を変えた12人の卒業式スピーチ」

という本を紹介します。


 

この本は、2015年3月に発行された

比較的新しいものです。


 

日本語訳もされており、文藝春秋から

発売されています。


 

タイトルがすごい力を持ってますよね!


 

本当に巨大な夢を叶え、巨額の富を築いた

ジェフ・ベゾス達が言うんだから説得力が

違います。


 

この本には、ジェフ・ベゾスを含め

世界を買えた起業家や投資家、

教育者、俳優、映画監督たち12人が

著者として登場。


 

イェール大学や、MITなどの卒業式で

学生に向けて彼らが餞の言葉として

贈ったスピーチが収録されています。


 

世界が感動した伝説のスピーチが

一冊の本にまとまったもの

それがこの

「巨大な夢をかなえる方法」です。


 

著者らの経験に基づく

数々のエピソードが綴られた

この本を読めば、

ものの捉え方や考え方、

行動の仕方を学ぶことができます。


 

また、彼らがもつエネルギーを

浴びることもできます。


 

スピーチがなされたその場には

行けませんが、このスピーチを

もらったアメリカ屈指のエリートと、

同じ体験を本を通じてできるなんて、

贅沢なことですよね。


 

まとめ

今回は、Amazon創始者兼CEOの

ジェフ・ベゾスについて調べて

きました。


 

ジェフ・ベゾスが幼いころから

超秀才だったということ、

早い段階で、インターネットの

有効性を見出し、いち早く商売

をはじめたこと、など

興味深いことがわかりましたね。


 

彼の性格については、

こうだ!と思い込んだら、

他の意見なんて入ってこないような人

じゃないかなと思います。


 

同じくらい、同じことに

のめりこめる人とだったら

すごくうまくいきそうですが、

大抵の人はついていく間に

息切れしてしまいそうです。


 

しかし、Amazonが成長を続けている

ということは、ジェフ・ベゾスが

理想とする仕事は間違っていない、

ということなんでしょうね。


 

Amazonのみなさん、頑張ってくださって

本当にありがとう!


 

わたしは今回ジェフ・ベゾスについて

調べてみて、彼を見習いたいような、

見習いたくないような、

そんな不思議な感覚になりました。