2017年2月22日

何の日だかご存知だろうか。

乃木坂46のメンバー橋本奈々未さんのLast Day.

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格以来の7年半の芸能活動に幕を閉じる。

スポンサードリンク

はなちゃんこのぎこと橋本奈々未

実家が貧しく、大学時代、奨学金は学費につぎこみ、生活費はアルバイトで稼いだ。それでも生活は厳しく、おにぎり1個の生活が続きいた。大学1年生の夏、ロケ弁欲しさに、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションを見つけ、応募したのは有名な話である。

現在、東京FMにてPM10時から放送されている大人気番組 School of LockにてGIRLS LOCKSの3週目を担当中。2月の登校が最後となる。

今日の放送では、書初めに挑戦した。この書初めで来るX dayに行われる乃木坂46の「5th YEAR BIRTHDAY LIVE]へ向けての目標を書いた。

運命の2/22は、5週年を祝うライブ初日であり、自身の24才の誕生日であり、乃木坂46卒業の日。とてもとても特別な日である。

関連記事:AKB総選挙2017衝撃トピックスまとめ。結婚宣言や卒業に関する発表も! 読まれてます

That’s all

書初めに書いたものは、「これで全部」。偶然見つけた英語のThat’s allを題材とした。今の自分に当てはまると感じたようだ。

「これで全部だ!」って言えるものを出して、見せていかなきゃいけないって、そうしたいなって思ったんですよね。とコメント。

(That’s allの意味を調べると)「これで終わりだ」とかそういう意味も出てきたけど、終わりっていうよりかは「これで全部」っていう方がしっくりきたとも。

この日の放送、いつものように来月またこの教室で会いましょうと元気に締めくくられると思ったが、この挨拶を使えるのも今日が最後。言葉につまった。

関連記事:小原裕貴引退セレモニーのいきさつや状況を調査 読まれてます

いろいろと思い出したがあったのだろう。ラジオのリスナー、校長、教頭とのやり取り、乃木坂46での数々の思い出。走馬燈というのだろうか、目まぐるしく頭の中を回ったに違いない。またこれからの活動のことも同時に思い描いたのではないだろうか。

少し間が開いた後、私とはまた来月、この教室でお会いしましょう。橋本奈々未でしたとなんとか締めくった。これを聞いて私は、「また一つの時代が終わってしまう」と思い、と感慨深く聞いていると、

「あ、忘れてた!したっけ!!」

とこれまで何度も用いてきた決まり文句的挨拶を付け足した。元気なあいさつだった。

来月の放送が楽しみな反面、ずっと1月で止まっていてほしいとも思う。とにかくわたしはは今日を忘れないだろう。


関連記事:小高サラ(トキ宣新メンバ)が可愛いと話題!体重や好物を調査! オススメ