サッカー日本代表 タイに勝利。勝ち点3をゲット!

2017年3月28日。今日も絶対に負けられない闘い繰り広げられました。

ワールドカップアジア最終予選 B組 日本vsタイが埼玉スタジアム2002にて行われました。地上波でも放送があっていましたね。

ナビゲーターに川平慈英さん、解説に中山雅史さん。余談ですが、若いころ中山さんに似ているとよく言われましたが、自分ではいまだに?です。

 

スポンサードリンク


 

試合開始前、日本はB組2位でワールドカップ出場圏内。今日は是非とも勝利し勝ち点3を積み上げたいところ。対するタイはグループ最下位の6位。今朝の中西哲生さんのラジオでは、守りを固めて勝ち点1を取りに行くと放送されていました。

試合が始まってみると、タイは高い位置でボールを奪いに来ます。中西さん、様子が違うようです。。。と戸惑いましたが、前半8分に日本が得点。安定した滑り出しを見せました。その後前半に追加点。後半にも2点追加し、結果4-0で見事勝利を収めました。

日本代表の選手のみなさんお疲れさまでした。ナイスゲーム!

 

ゴールキーパー川島選手の大活躍。日本を3度救う!

本日、ゴールキーパーの川島選手は3度のビッグセーブをみせました。まず最初は前半のロスタイム。右コーナーキックの後、ゴール正面の至近距離からシュートが打たれましたが、これを川島は左足を出して阻止。前半を無得点で終えます。続いて、後半6分。右サイドからミドルシュートを打たれましたが、これに飛びつきファインセーブ。そして、最後のセーブが本日最大の見せ場となりました。後半41分、自軍がクリアしきれなかったボールを拾ったタイ選手をペナルティーエリア内で倒してPKを与えてしまいます。キッカーは、ティーラシン。川島から見てゴール右側へのシュートとなりましたが、川島これに飛びきセーブ。見事無失点で勝利をつかみ取りました。お見事です!

 

PKは入って当たり前?意外と高いPK阻止率

FIFAの統計によると、2006年ドイツ大会までのワールドカップ18大会で、190回のPKのうちゴールしたのは154回。この成功率は81%です。国内に目を向けてみますと、1993年から2013年までのJ1、20シーズンで、1228本のPKのうち成功は947本だったとのこと。成功率は約77%です。PKは5本に1本は外れるもののようです。キーパーがいない練習であれば、100%決まるでしょうから、駆け引きやプレッシャーから外れてしまうのでしょうね。

ちなみに、バロンドールを4回連続受賞のアルゼンチン代表のリオネル・メッシのPK成功率は74%。ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドのPK成功率は96%なのだそうです。

 

PKでは、どこを狙って蹴るのがいいのか

キーパーはシュートの方向を予想してどちらか飛ぶもののようで、そのまま動かないことは珍しいもののようです。そのまま動かない確率は、代表戦ではたったの2%の確率なんだそうです。つまり、キッカーは正面に蹴ると、98%の確率でゴールできるということになりますが、実際に正面に蹴ることは少ないのだそう。この確率実に17%。 試合前にタイの選手に知られていたら、無得点で終えられてなかったかもしれませんね。