2017年2月13日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」で女子高生を熱狂させるジェンダーレス女子!と題され取り上げられた中山咲月さん。わたしは恥ずかしながらこのテレビをみて彼女を知りました。われながら情弱だなぁ。

スポンサードリンク


前回たまたま取り上げた、生田斗真さん主演の新作映画「彼らが本気で編むときは」(2017年3月公開予定)とも関連し、現代の多様性を感じたのです。本日は今日から一押しの中山咲月さんを紹介してみたいと思います。

前回の記事はこちら

生田斗真が映画「彼らが本気で編むときは」で新境地に挑戦
  今回は、生田斗真さんの話題をとりあげたいと思います。 生田さんの出演が発表された映画は、「彼らが本気で編むときは」(2017年2月25日公開予定)。 本作...


性別を感じさせないカッコいい女性 中山咲月さん

今日の主役は中山咲月さん、さつきと読みます。1998年9月17日生まれの18歳。東京都出身で、現在テンカラットに所属するモデルさんです。2011年ピチレモン専属モデルオーディションでグランプリを受賞し芸能活動を開始されています。身長は162cm。靴のサイズは24.5cmとのこと。スリーサイズはB-/W-/H-…不明です。

性格は男前、学校ではイケメンキャラとのこと。現在女子高に通っていらっしゃいましたが、廊下を通るだけで、周りの女子高校生が「キャーキャー」大騒ぎするほどの人気振りでした。

オフィシャルブログはこちらです。写真がたくさんあり、楽しいブログです。2017年1月7日の写真、シルバーの長い髪でメッチャカッコいいっす。

http://ameblo.jp/satsuki-nakayama-blog/

かっこよく強い女性

現在カッコいい見た目で週刊誌でも特集されて話題の彼女。上にも書きましたが、通っている女子高でもまるで憧れの男子生徒に向けられるような黄色い声。下級生たちは大熱狂でした。

彼女は、小学生のころから人気ファッション誌のモデルを務めてきたわけですが、成長とともに可愛い服を好きになれない自分に違和感を感じ始めます。病気ではないのかと悩んだ時期があったそうですが、男性のようなファッションで活躍していたKiteを知り、刺激を受け男性のような容姿で生きることを試みます。これによって抱えていた違和感がぬぐえたとのこと。

本当の自分、無理をしない自分と出会えた瞬間だったのでしょうね。

これを機に男性と女性の中間「ジェンダーレス」として生きていくことを決めたそうです。今回のテレビや雑誌で決してマジョリティーではない生き方を貫くことを宣言しているわけですが、彼女は若干18歳。タイトルどおり強い女性だと思います。

 

中山さんが示す多様な世界

わたしが古い狭い人間なのかもしれませんが、少し前までは、日本人の中だけで生活し、画一化されたといっても過言ではない似たり寄ったりの価値観、世界観の中で生きてきました。

最近は観光産業に力がこめられていることもあり、外国人観光客も増え、いろいろな価値観に触れます。暴買いなんかもこの一部ですね。

また、勤める会社にも外国人の後輩が入り、日本人とは異なるバックグラウンドを持つ人との交流も増え、今までの自分を構築してきた価値観・世界観などは、広い世界のほんの一部であると感じるようになりました。

中山さんをみれば、同じだと一緒くたにくくっていた日本人であっても、人それぞれ、実に多様な世界に生きていることを実感しました。

そういえば明日はバレンタインですが、チョコへの考え方も実に多様でした。

去年のバレンタインどんなだった?

わたしはチョコをもらえるのでしょうか!?