5月4日放送のZIP!で驚きの情報が放送されましたので、今回はこれを取りあげます。

岩手県遠野市では、牛肉や豚肉よりもラム肉が人気で、ラム肉だけが並ぶお肉屋さんもあるのだそう。そして、花見の定番が穴あきバケツをつかったジンギスカンだというのです。なぜ遠野ではラム肉が人気なんでしょうね?

ラム肉の取り寄せ情報もありますのでお楽しみに!

関連記事 カンニング竹山のピザ釜は?ダッチオーブンなどのキャンプ道具が気になる

スポンサードリンク

なぜラム肉が人気?

岩手県遠野市では、古くから羊毛の生産が盛んだったとのこと。このため新鮮なラム肉が手に入りやすかったのだそうです。そのためラム肉は市民にとって身近なもの。そのためラム肉の年間消費量は、2.1kg。

なんとこの量は、ジンギスカンの本場北海道と同じなのです。

このびっくりする事実に、番組では、「ラムちゃんもびっくりだっちゃ」というびっくりコメントも飛び出しました!

ラム肉しか並ばない肉屋さん

番組に登場した肉屋さん、遠野食肉センターには、ラム肉しか並んでいません。牛肉や豚肉も容易はあるそうですが、売れるのはほとんどラム肉なんだそうです。このためショーケースの中はすべてラム肉なのでした。番組の取材に答えた宴会中の方は。「これ(ラム肉)食ったら、豚とか牛とか食えねぇもんね」とキッパリ!

遠野市民にとってラム肉はなくてなならないもののようです。

番組で放送されたショーケースの中には、新鮮なラム肉がたくさん。綺麗な赤色のお肉。食欲をそそりました。

ラム肉の優れた特徴

ラム肉の特徴をおさらいしましょう。ラム肉が「脂肪が吸収されにくく低カロリー」「体にとって重要な栄養素を高い割合で含む」ことがわかります。

世界に目を向ければラム肉はメジャーで、世界各地で食べられています。独特の香りと味、柔らかく消化の良いことがラム肉の特徴。
ラム肉の特徴はただ食べやすくおいしいというだけではありません。栄養価に優れ、健康やウエイトコントロールを考える人にとっても、積極的にとりたい食品の一つなのです。

栄養価的に優れた点を挙げると次のようになります。まさに理想的なお肉です。
  • 低コレステロール ラムのコレステロール含有量は他の肉類と比べてかなり少なく、なんと魚肉と同じ位だといいます。
  • 豊富な不飽和脂肪酸 コレステロールを減らす要素として注目されている不飽和脂肪酸。赤身のラム肉はこの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
  • 鉄分が豊富 ラム肉は非常に吸収されやすい形で鉄分が含まれています。貧血などに悩む女性におすすめの食材なのです。
  • ビタミンが豊富 ビタミンB12をはじめ胃腸病や皮膚炎を防ぐナイアシンが豊富に含まれます。
  • 必須アミノ酸の宝庫 ラム肉を食べることによって、蛋白質を構成する全ての必須アミノ酸を、理想的な比率でとることができます。
わたしはラム肉好きなほうなので、積極的に食べたいのですが、他の肉に比べて手に入れにくいのが難点だなぁといつも思っていました。
スポンサードリンク

遠野市で発明?お手軽アウトドア用品の穴あきバケツ

今回の記事のタイトルにある穴あきバケツ。これ実は、バーベキューに使うアウトドア用品なんです。

遠野市内の金物店で考案され、市内に広がっています。遠野市内で普通に変えるくらい身近なものになっています。今回調べてみますと、なんとインターネットでも買えるではないですか!



このバケツ、商品名は楽宴バケツというようですね。この中に固形燃料を入れ、上にジンギスカン鍋をおいて使用します。固形燃料とジンギスカン鍋もインターネットで買うことができるようでしたので情報を載せておきます。




新鮮ラム肉の取り寄せ方

上で紹介した遠野食肉センター、ここは新鮮なラム肉の地方発送も行っているということがわかりました。

FAX・TELで注文し、クール便で商品が発送され自宅に届くというかたちになります。

こちらが遠野食肉センターのホームページです。詳細はこちらを確認ください。FAX注文は、このホームページにある「商品注文書」を印刷して利用することになっています。

遠野食肉センターホームページ
(じんぎすかんハウス遠野食肉センター)精肉店直営の焼肉レストラン、当店は遠野名物じんぎすかん『生ラム肉』の専門店です。


これで、ラム肉が買えない!という悩みは解決です。

まとめ

今回は、5月4日のZIP!で紹介された、岩手県遠野市のラム肉文化を紹介しました。独特な穴あきバケツをつかってのジンギスカンが市民に愛されていました。

また、ラム肉の特徴をお伝えしました。健康やウエイトコントロールに向いた優れた効果をもつお肉でしたね。

新鮮なラム肉が自宅でも楽しめる!という事実がわかったこと、個人的には今回調べた情報の中で一番有益でした。