世界一受けたい授業の内容をおさらい

テレビで紹介された5秒腹筋に関する内容をさっと振り返ってみたいと思います。この内容を踏まえつつ、現在シックスパック(体が歪んでいるようで正確には7つに分かれてます…)保持者のわたくし、少し持論を紹介したいと思います。

 

まずは腹直筋を鍛える方法

手順をまとめますよ。簡単のためLIFE さん(http://hamsonic.net/2017/04/01/5byoufukkin/)の記事をお借りします。

1、両手でこぶしをつくり、首の後ろに回し、首の付け根に小指を当てて後頭部を固定します。

2、肘の位置を耳より上にして、片脚を出してつま先に力を入れる。

3、鼻から息を吸い込み、おなかをへこませる。

4、口からゆっくり息を吐きながら、後頭部を下げて腹直筋を上から押すように力を入れる。
この状態で5秒キープする。

5、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る。

固い空き缶をつぶすイメージで行うと効果が出やすくなります!
これを1日10回、3セット行って下さい。

スポンサードリンク

続いて腹斜筋を鍛える方法

1、両手でこぶしをつくり、首の後ろに回し、首の付け根に小指を当てて後頭部を固定します。

2、肘の位置を耳より上にして、右足を出してかかとに力を入れる。

3、鼻から息を吸い、おなかをへこませる。

4、口から息を吐くと同時に右上から斜め下に腹斜筋を意識して体をひねる。
この状態で5秒キープする。
雑巾をぎゅっと絞るイメージで行うと効果的です!

5、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る。

1日左右各10回を3セット行ってください。

 

そして、ぽっこりお腹に効く腹横筋に訴えかけます

1、うつぶせの状態で両肘を床につける。

2、右手で丸を作り、そこに左手を添えそこに頭を乗せる。

3、手、肘、つま先を支えにしてゆっくりと全身でアーチを作る。
お腹に力を入れたまま5秒間キープします。

4、床に触れるか触れないかまで下げ、もう一度上にアーチを作る。
イメージは崖と崖の間にアーチを作り踏ん張るイメージで行うと効果的です!

1日10回3セット行ってください。

お尻がせり上がりすぎたり、低すぎるのもNGです。
やりにくい場合は初めは膝をついて行っても大丈夫です。

 

最後に、代謝が上がり、腰回りの贅肉を落とす腸腰筋を鍛える方法

 

1、姿勢を正し椅子に座る。(椅子の半分くらいの位置に座る)
両手を机の上に置く。

2、左ひざを机を押し上げるようにして上げ、両手は机を強く押す。
この状態で5秒キープしてもとに戻す。

これを1日左右交互に合計10回3セット行ってください。

イメージは段ボールを足と手で押し曲げるイメージです。
足の付け根に力を入れるようにしてください。

 

ここで動機付けをしましょう

紹介された内容をレビューしてきましたが、どうでしょうか。続けられそうですか。続けられそうかと伺ったのは、理由があるからなのです。

おなかがタプタプになっているその根っこにあるのは、おわかりの通り脂肪。この脂肪、一日二日で蓄えたものではありませんよね。時間をかけて蓄えてきたはずです。これは別に悪いことではありません。いつか遭遇するかもしれない飢餓に備える、人間が持つ機能が働いた結果です。

時は平成、場所は日本。可能性はゼロとは言えませんが、飢餓状態になる可能性は極めて低い世の中に私たちは生きています。いつ来るかわからない危機に備えてエネルギーを体は本能で蓄えますが、悲しいことに、これは健康的な生活には結びつかないのです。

飢餓から解放されている私たちは、より健康に、長く生きたいと考えるに至り、メタボリックシンドロームから脱したいと願うのです。さらには、成人病のリスクから解放されたい!、銭湯で一目置かれたい!、海で目立ちたい!と願望は膨らんでいきます。

一度正直になって自分の本心と向き合ってみましょう。なぜおなか回りの問題を解決したいと考えたのでしょうか。

思い浮かんだそのイメージが、約2か月後にライザップに行ったかのような効果を得る原動力になります。浮かんだその願望を見失わないように、紙に書いて目立つところに貼ってください!スマホの待ち受けにしてください。

 

知っておきたい2つのこと

テレビで紹介された5秒腹筋を行うにしろ、最後に書くわたしの経験をなぞっていただくにしろ、知っておいていただきたいことが2つあります。昭和の時代ではありませんので、せっかく頑張るのであれば、根性論ですませず、本質を知って、最短距離でゴールを目指すべきとわたしは思うのです。

脂肪1kgは約9万キロカロリー

昔、秋野洋子さんはおっしゃいました。足し算引き算だと。食べた分だけエネルギーは体内に蓄積され、動いた分だけエネルギーは消費されます。高校生でも知っているように、物理の大原則にエネルギー保存の法則、質量保存の法則があります。ここに勝手な解釈が入りこむ余地はありません。

あなたのおなかについているエネルギーは間違いなく口から入ったものからできており、消費しなかったからそこにあるのです。

また、秋野さんはおっしゃいました。脂肪1kgの持つエネルギーは約9万キロカロリーだと。お茶碗半分のごはんの持つカロリーが約100キロカロリー、一日お茶碗半分のごはんの我慢を900日するとそれだけで1kg体は軽くなります。

嗚呼、食べてエネルギーを蓄えることの簡単さよ

上の記載を読んで愕然とされた方もおられるでしょう。900日って、と。そうなのです。食事からエネルギーを取るのはすごく簡単なのです。

コンビニへ出かけたときに、見てみてください。別に今食べなくてもいいおにぎり一つのカロリー、パンコーナーに並んだパンのカロリー、お菓子棚にならんだチョコレートのカロリーを。お茶碗半分のごはんの比ではないことに気づくはずです。

察しのよいあなたはここで気が付くはずです。いつもの食事からおにぎりやパン一つ二つを我慢すればいいのかと。おなか一杯を少し進める程度にしか効いていない最後の数口を止めればそれだけで効果が見込めるのです。

さらにお伝えする物理

人は生命活動を行うのにエネルギーがどうしても必要です。実はこのエネルギーを得る順序があるらしいのです。

真っ先にエネルギーになるのは、食べた炭水化物。糖分に変換され、消費されます。ここで体に負担もあるのだと思いますが、極端な話をします。糖を完全に断ちますと、体に蓄えているものがエネルギーとして消費されます。ここで使われるのが脂肪。そして筋肉に蓄えられたグリコーゲン。グリコーゲンが底をつくと、筋肉が分解されて使用されます。

このような状態になれば、体脂肪が減ってどんどんお腹周りがすっきりしていきます。特に内臓脂肪が消費されますので、皮下脂肪が多い女性よりも男性の方が効果を実感しやすいと思います。

ただし、上述のように筋肉も壊れていきますので、エネルギーを消費する機能が失われていくことを知っておかねばなりません。食事を制限するだけでは痩せていくのと同時に痩せにくい体になってしまうということを。

この点、5秒腹筋は、運動によって、エネルギを消費する、エネルギー消費担当の筋肉を増やす点でおなか回りの改善にアクセスします。ここまで書きましたように運動に加えて、我慢ができる程度の食事制限を加えるとより効果的です。

さらにお伝えするならば、誰しも腹筋は割れているのですが、この上に脂肪がかぶさっているので外から見えていないだけなのだそう。筋肉を鍛えて同時に脂肪を減らすのがシックスパックへの最短ルートなのです。

 

継続のための最終兵器

ここで本質はエネルギーの足し算引き算だという秋野さんの原理に帰ります。運動の負荷を上げればエネルギー消費が増え、より早く、効果が得られます。

誰もが経験のある腹筋運動。この運動負荷は強めです。上半身を起こすだけではなく、足上げを同時におこなってV字を作るようにするとさらに運動強度が増します。わたしの経験上、ジムに通わないで簡単にできるレベルで最強の腹筋への働きかけになります。これをドラマなどみながら実行すればお腹周りはすぐに改善します。

ただしひとつ欠点が。尾てい骨が痛くて繰り返しがつらい。これが原因で続かない。ということ。

でもご安心ください。世の中には優れたツールがあります。しかも●●コアなんかより圧倒的に安いのが。

それが、これ!YOGA Mat。ヨガで一般的に用いられるものより厚く15mmもあります。Fukkin Matとすべきではないかと感じるほど安定感のある厚み。これをひいて腹筋運動を行えば全くストレスなく運動が継続できます。

腹筋運動を継続し、所定のエネルギー分消費が上回ったその時、あなたのおなかは願望を満たすものになっていることでしょう。